公立大学法人名桜大学

 

平成27年度入学式を挙行しました

学事報告

平成27年度入学式 ―4年後の若夏の空に、高く誇らしく羽ばたくことを期待―(学長告辞)

 

 平成27年度入学式が、晴天に恵まれた4月4日(土)、北部生涯学習推進センターにおいて執り行われました。
 512人(学部学生501人、大学院生11人)の学生が名桜大学に加わり、新たな一歩を踏み出しました。
 式典では、入学生代表の仲村佳奈子さん(沖縄県立北部農林高校出身)による宣誓、山里勝己学長による告辞、北部広域市町村圏事務組合稲嶺進理事長および本学比嘉良雄理事長による祝辞が述べられました。

 山里学長は、「大学生になるということは、多様な考え方に自らを開き、幅広い知識を統合した人間として成長することを意味する」とし、「学生会館SAKURAUMは、学生が自立して自らと世界について考える学びの場として、皆さんを迎える準備を整えています」との言葉が述べられました。

 式典後、SAKURAUMへ移動した入学生は記念撮影を行った後、先輩学生によるサークル紹介にて熱烈な歓迎と勧誘を受けていました。入学生保護者は、後援会総会、学科ごとの教職員との懇談会に参加し理解を深めていました。

 

 【入学生の声】 何事も積極的に関わっていきたい


 仲村 佳奈子さん

  教師を目指して名桜大学へ進学しました。バスケットボールをはじめスポーツ系の部活やサークル、それから、ヘルスサポートが行っている地域でのボランティア活動に興味があります。大学では、スポーツやボランティア活動を通して様々な人々と交流が図れると思うので、積極的に参加していきたいです!

 

 【平成27年度入学生数】

国際学群

国際学類

新入生

297人

2年次編入生

3人

3年次編入生

8人

人間健康学部

スポーツ健康学科

新入生

100人

2年次編入生

3人

3年次編入生

1人

看護学科

新入生

84人

3年次編入生

5人

大学院

国際文化研究科

6人

看護学研究科

5人

 


式に臨む新入生一同

式典に花を添えた吹奏楽部による演奏

入学生代表し宣誓した仲村さん

山里学長による告辞

比嘉理事長による祝辞

学生会館SAKURAUM前で行われたサークル紹介の様子