公立大学法人名桜大学

 

H27(前期) MSLCチューター研修会&新規チューターオリエンテーション開催

 

 名桜大学数理学習センターは、学生の数理能力の向上と自主学習支援を目的として平成21年5月に開設されました。開設当初から新学期のスタートに当たり、センターの運営及びチュータリング力の向上を目指してチューター研修会を実施してきました。
 今年度は、去る3月26日(木)・27日(金)に、チューターの資質能力の向上をテーマに「MSLCチューター研修会&新規チューターオリエンテーション」を開催しました。本年度前期は、3人の新規チューターと9人の継続チューターの計12人で学習支援を行います。研修内容は以下の通りでした。

1日目 3月26日(木)  

 1. 数学検定模擬試験(60分)

 2. センター長講話 MSLCのモットー「連携・協働・進歩」

 3. 新規チューターのオリエンテーション:アイスブレーキング・ロールプレイ

   学習班・運営班の業務内容、出面表の書き方、ミーティング資料作成と議事録作成等

 4.写真撮影

2日目 3月27日(金) 

 1. プロジェクト発表会の説明:パワーポイント等で詳しく説明
   連携授業・チュータ―講座・数学・科学を身近に感じよう・名護高校「数学苦手克服講座」等 

 2. 役割分担:チューター育成・統計・広報・メディア・施設衛生等

 3. チュータリングトレーニング  学力試験(数学)の振り返り

 ●研修の振り返り

 ●ミーティング:シフト希望調査結果、今後のミーティングの日程調整、新学期の準備等

<研修会の様子>

左: リーダーからの説明   右: ロールプレイで体験

左: 模擬試験の振り返り   右: MSLC集合写真

 

 今回の研修会の準備は、MSLCの学生会館への引っ越し作業後に始動しましたが、継続チューターが主体的に企画し、分担して作業を進めてきました。その結果研修会は、当初の予定通りスムーズに進行していきました。研修会の振り返りでは、全員が成果と課題について述べ、新規チューターからは、「MSLCに誘ってくれてありがとう。緊張と不安で心配でしたが、アイスブレーキングで和やかになりました。研修前から数学力向上に向けて先輩方が計画的に学習会をしてくれたので、自分も頑張ろうと思いました」との感想がありました。
 研修会の度に、継続チューターの成長ぶりに感動します。今回もチューターとしての自覚と意気込みを感じ頼もしく思える研修会となりました。チューターの皆さん研修会お疲れ様でした。
 多くの学生がMSLCを気軽に学習の場として活用できるような環境整備を心掛けていきます。MSLCの教職員もチューターとともに、心機一転今年度もさらなる挑戦をしていきます。

総評:数理学習センター長 高安美智子