公立大学法人名桜大学

 

8市会主催「第2回子ども健全育成事業8市会議」を開催しました

 平成26年11月14日(金)、本学の教員養成支援センターの隣室にて、8市会主催の「子ども健全育成事業」を開催しました。8市会とは、子どもの健全育成事業を進めている県内の八つの市(糸満市、浦添市、沖縄市、宜野湾市、豊見城市、名護市、那覇市、南城市)と中部、南部、北部の福祉保健所参加の会議です。主に、市役所の保護課職員、こども支援員、社会支援員、児童自立支援員、学習支援員による定例会議であり、今年度は、名護市役所が担当でした。
 今回の8市会の内容は、名護市学習支援教室ぴゅあの設立経緯と活動の紹介が中心になりました。上間新作さん(名護市社会支援員)のぴゅあの設立経緯、嘉納英明(ぴゅあ顧問)の学習支援事業の成果と課題、松平伊織さん(ぴゅあ教室長)の学習支援活動を通しての学びについて報告がありました。30名を超える参加者による情報交換、懇親会、実際の支援活動(名護市学習支援教室ぴゅあ)の見学を通して、他の自治体関係者との新たな交流が生まれたことは大きな成果でした。

嘉納英明(教員養成支援センター長)