公立大学法人名桜大学

 

「クリスマスツリー点灯式」に参加しました

 平成26年12月3日(水)、県立名護青少年の家で開催された「クリスマスツリー点灯式」に、名桜コミュニケーショングループ(以下、MCG)が、名桜生と共にボランティアとして参加しました。MCGのOBであり、現在名護青少年の家で職員をされている與儀滝太さんからボランティア依頼を受けたことがきっかけです。
 クリスマスツリー点灯式では、はじめにあすなろ東保育園の子どもたちと家で飾れる簡易的なツリーを作成しました。紙を切り、組み立て、のりを使う作業を名桜生がレクチャーしました。子どもたちが皆楽しそうに作業していたので、場の雰囲気がとても明るかったです。次に、クリスマスツリーの装飾を行い、イルミネーションを点灯させました。昼食は、施設の職員が調理したローストチキンを頬張り、楽しい時間を過ごしました。
 名桜大学は、市街地から少し離れていることもあり、学生が自主的に地域と関わる機会が少ないのですが、今回のように、MCGが地域と名桜生の窓口になってつなげていくことで、地域の方が名桜生のことを理解してもらう、また名桜生自身も地域の事を理解する機会にもなってほしいと思います。

名桜コミュニケーショングループ

島袋 弘光(国際学群 経営専攻4年次、沖縄県立読谷高校出身)

 
自宅で飾るツリーを作成中                      ツリーの飾付けを楽しむ