公立大学法人名桜大学

 

「第3回健康寿命をのばそう!アワード」において「厚生労働省健康局長 団体部門 優良賞」受賞

厚生労働省「健康寿命をのばそう!スマートライフプロジェクト」

「第3回健康寿命をのばそう!アワード」において「厚生労働省健康局長 団体部門 優良賞」受賞

 名桜大学健康・長寿サポートセンターとヘルスサポート(以下、ヘルサポ)が、伊平屋村において取り組んでいる「“てるしの”の輝き!名桜大学『健康・長寿プロジェクト』-離島地域の活性化を目指す自治体・大学参画型の健康支援-」が、この度、厚生労働省から健康寿命を延伸する非常に優れたプロジェクトとして表彰されました。表彰式は、平成26年11月18日(火)に東京都内の都市センターホテルにおいて行なわれました。
 この活動は、伊平屋村と名桜大学健康・長寿サポートセンターが協働で取り組んでいるプロジェクトで、伊平屋村の健康増進とコミュニティの活性化を目標としています。
 今回、厚生労働省から賞を頂くことになり、ヘルサポメンバー一同も大きな喜びを感じています。まさに日本で唯一の活動を行なっているヘルサポ!今後も、この受賞に恥じることなく、メンバー一同で、伊平屋村を始めとした地域において勢力的に健康支援活動を取り組んで行きたいと思います。
また、次年度は必ずプロジェクトの結果を出します!!

*第3回健康寿命をのばそうAward

健康・長寿サポートセンター長 高瀬 幸一


 
受賞者一同(2列目左端が筆者)                                                   厚生労働省健康局長より表彰状をいただきました

 
表彰状                                          11月25日、山里勝己学長および金城やす子副学長に
                                                          報告しました