公立大学法人名桜大学

 

第10回名桜大学懸賞作品コンクール表彰式を行いました

 

 平成26年12月7日(日)、第10回名桜大学懸賞作品コンクール表彰式が附属図書館にて行われました。本コンクールは本学の文化事業の一つとして附属図書館が主催しており、高校生以上の県内在住者または県出身者を対象に作品を公募しています。
 今年度は短編小説11作品の応募があり、厳選なる審査の結果以下の作品が受賞し、賞状と賞金が授与されました。

短編小説部門
 最優秀賞 「ユウナギ」 佐藤 優紀(名桜大学生 看護学科) 
 優 秀 賞 「貝殻の向こうに」 島袋 初美(一般)
 優 秀 賞 「オレンジ」 待木 紗希(名桜大学生 国際学群)
 
今回の受賞作品は「名桜大学懸賞作品コンクール10回記念号」(平成26年12月発行)及び平成27年3月に発行される図書館報第26号『Bibliotheca』に掲載されます。


受賞者(前列左から島袋初美さん、佐藤優紀さん、待木紗希さん)と審査員を含む先生方