公立大学法人名桜大学

 

恩納村未来塾開校式行われる!

 平成26年10月7日(火)、恩納村役場にて、「未来塾」の開校式が行われました。  「未来塾」は、高等学校受験を控えた中学校3年生を対象として、学習への不安、課題克服をめざす場であり、本学の教職履修学生が学習支援を行っています(学習支援をはじめて3年目になります)。本年度は、15名の学生が毎週火・木曜日に実施される「未来塾」において、中学生の支援にあたります。
 開校式では、安富祖・喜瀬武原・恩納・仲泊・山田各中学校の代表生徒から「やる気と興味を持って臨みたい」、「苦手科目を克服していきたい」等の抱負が語られました。
 本学学生の支援によって、全中学生が希望校合格を果たすことを願います。

板山 勝樹(教員養成支援センター副センター長)

【ボランティア学生代表の声】

 私たちは、恩納村の各中学校にて、中学3年生がそれぞれ希望通りの道に進めるように、全力で支援していきたいと思います。中学生がこの場所で楽しく学べるためにも、大学生・中学生・教職員の方々と協力し、みんなで「未来塾」という場を作りたいと考えています。頑張ります!

大木 聖矢(スポーツ健康学科2年次,鹿児島県立大島高等学校出身)



開校式にてボランティア学生代表として挨拶をする大木さん