公立大学法人名桜大学

 

「名護市学習支援教室ぴゅあ」後期がスタートしました!

 平成26年9月29日(月)より後期の名護市学習支援教室「ぴゅあ」がスタートしました。後期は中学校3年生も高校入試が迫って来るため、私たち学生もより学習支援に力を入れ、全力でサポートしていきたいと思います。また前期同様に生徒達の笑顔があふれる教室にしていきたいと思います。

「学習支援教室ぴゅあ」教室長                         

松平 伊織(スポーツ健康学科4年次、大分県立中津南高等学校出身)


 後期になると、高校入試も近づき、中学生の人数も増えてきました。1人1人の居場所感を大切にすることが学習意欲の向上に繋がることを忘れずに支援していきたいです。また、支援する側である大学生の連携が必要不可欠になるので、学生側の意思疎通もしっかり行っていきたいです。

「学習支援教室ぴゅあ」学習支援員                     

石井恒之介(スポーツ健康学科2年次、茨城県立土浦第三高等学校)


 後期のぴゅあがスタートして2週間余りが経ちました。今期は3年生の進路選択も近づいてきます。ぴゅあでは、子どもたちが自分の進む道を自分の意思で選択できるようにサポートしていきます。また、関わる大学生らの様々な経験が、子どもたちにとって良きモデルとなり、それぞれの将来への希望や可能性を広げられる場としていきたいです。

「学習支援教室ぴゅあ」学習支援員                      

眞鍋 詩苑(スポーツ健康学科2年次、京都府立西城陽高等学校出身)



~教室の様子~