公立大学法人名桜大学

 

本学と中南米との国際交流を一層強化

 本学と中南米との国際交流を一層強化させるため、2014年8月16日~25日、山里勝己学長を始め、住江淳司国際学群教授、金城正英事務局長、中山登偉学生課主幹の4人がペルーとメキシコを訪問しました。
 8月18日、一行は本学の国際交流協定校であるパシフィコ大学とラ・ウニオン総合学校を親善訪問し、友好関係を深めました。19日~20日2日間の日程で、首都リマ沖縄県人会館で開催された第18回WUB世界大会・インペルーと第3回世界のウチナーンチュ会議に臨みました。これまでのウチナーンチュ会議はビジネス中心でしたが、今年は、若いウチナーンチュによる海外研修・留学体験発表会と国際教育シンポジウムが初めて開催されました。国際教育シンポジウムでは、山里学長が司会を務め、ウチナーンチュ次世代のグローバル人材育成について、各パネリストによる活発なディスカッションが展開されました。その後、パシフィコ大学 エルサ・モリ学長、琉球大学 大城肇学長、本学 山里勝己学長の3大学長が「環太平洋大学コンソーシアムの創設に関する覚書」にそれぞれ署名しました。
 8月22日の午後、メキシコシティにおいて、山里学長とフェルナンド・R.・カスタニェーダ・サビド政治・社会科学部長が「名桜大学とメキシコ国立自治大学との学術交流協定書」に調印したことにより、本学はラテンアメリカで最大規模の大学と国際交流協定を締結しました。2015年の春季より、両大学は年間5名以内の交換留学生を相互派遣する予定です。

 
パシフィコ大学にて                                                         国際シンポジウムの様子

 

「環太平洋大学コンソーシアムの創設に関する覚書」調印後  
  


学術交流協定を締結したフェルナンド・サビド政治・社会科学部長と山里学長

                                                                                  
                                                                                          


(学生課主幹 中山登偉)