公立大学法人名桜大学

 

オリエンタルランド野口浩一氏特別講演を開催

名桜大学開学20周年・公立大学法人化5周年記念

オリエンタルランド野口浩一氏特別講演を開催

 

 平成26年7月2日(水)、名桜大学開学20周年・公立大学法人化5周年記念事業の一環として、株式会社オリエンタルランドの野口浩一氏(CS推進グループバリアフリープロデューサー)による、特別講演が開催されました。テーマは「夢を求めて~東京ディズニーリゾート バリアフリーの取り組み~」。

 講演では、野口氏から東京ディズニーリゾートにおけるバリアフリー、ユニバーサルデザイン、共用品についてお話いただきました。「障がいを持った人々の目線に立ち、各障がい特性に対応した情報提供の仕方」、「テーマパークのイメージ(ストーリー性、テーマ性)を遵守した施策」等、ゲストに楽しんでいただくための工夫や仕組み作りについて、紹介されました。

 続いて行われた質疑応答では、本学の学生から多くの質問があがりました。例えば、(障がい者に対する)場内アナウンスの工夫については、「『車椅子の方』ではなく『車椅子を利用の方』等、言葉遣いに気を配っています」とのことでした。また、障がいがある方から寄せられるアイテムの改善の要望については、「ディズニーの世界観から逸脱しないよう、バランスの取れた要望品を作ります」等、各質問に対し丁寧に回答していました。

講師の野口浩一氏