公立大学法人名桜大学

 

平成26年度教育・養護実習がスタートしました

 平成26年4月18日に本学で行われた教育・養護実習出発式にて熱い決意を胸に刻んだ学生が、いよいよ学校現場での実習をスタートさせました。本年度は59名の学生が主に名護市を中心とする北部地域の学校にて、5月から9月までの間に3週間から4週間実習を行います。その第一陣が5月1日から教育現場で奮闘中です。今まで講義やボランティア活動等で培った知識や経験を実習の現場で活かしつつ、指導してくださる先生方や、児童・生徒との交流を通して沢山のことを学び、より実り多き実習にしてほしいと思います。

報告:比嘉美菜子(教員養成支援センター係員)



保健室にて児童・生徒の出席状況を整理中の
金城良子さん(スポーツ健康学科4年次、沖縄県立名護高校出身)と三島千尋さん(科目等履修生)