公立大学法人名桜大学

 

【地域貢献活動】名桜生が金武町営プールスイミングクラブの児童・生徒を指導しました

 平成26年3月27日(木)、本学屋内プールにおいて、金武町営プールスイミングクラブと本学水泳競技部による合同練習が行われました。
 この合同練習は昨年に引き続き2回目の開催となります。金武町営プールスイミングクラブの児童・生徒たちに、どのような泳ぎを習いたいかリクエストを聞き、水泳競技部の学生がそれに応える形で指導しました。
 子供たちは、クロールや平泳ぎ、ターンを教えてもらい、また金武町営プールでは水深の都合で行うことができない、飛び込みにもチャレンジしました。
 参加した、宇久田莉子さん(金武小学校4年生)は、「初めて参加することができてとても楽しかったです。お姉さんから、(プールの底の)線の上をまっすぐ泳ぐと綺麗に泳げることを教えてもらいました。また練習に参加したいです」と笑顔を見せました。
 平野貴也水泳競技部監督は、「九州でもトップクラスの選手が指導するので、子供たちにも良い影響が与えられることでしょう。その他の地域からも、合同練習の要望があれば応えていきたいと思います」と話しました。


 
子供たちとの触れ合いも有意義でした                            クロールを習う宇久田さん(右端)


金武町営プールスイミングクラブ一同と本学水泳競技部一同