公立大学法人名桜大学

 

大学の世界展開力強化事業:留学生研究発表とエルキンベック カマロヴさんからのお別れのご挨拶

大学の世界展開力強化事業:留学生研究発表とエルキンベック カマロヴさんからのお別れのご挨拶

総合研究所 上地直美

 平成26年3月10日「大学の世界展開力強化事業:アジアの平和と人間の安全保障について」の幹事校、大阪大学国際政策研究所にて、セメスタープログラムで来日している学生12名が半年間の研究成果を発表した。松野明久教授(大阪大学大学院国際政策研究科)の開会の辞で始まり、吉田修教授(広島大学大学院社会科学研究科)の閉会の辞で幕を閉じ、大阪大学、広島大学、長崎大学、名桜大学各々からの審査員が一人一人の発表についてコメントした。
 年々、発表の質が向上しているという総評だった。終了後のMeetingで、タイのチェンマイ大学からの留学生達の研究発表は、内容もプレゼンテーションの形もきちんとしていたという審査員の声が聞かれた。広島大学の留学生達は、吉田教授の指導で、事前に2日間、プレゼンテーションのための強化合宿をおこなった成果が見られた。
 
 名桜大学の留学生、エルキンベック カマロヴのプレゼンテーション“Comparative Analysis of the Conflicts Related to Foreign Military Bases in Kryrgyzstan and Okinawa of Japan”はユニークでわかりやすく、「日本でのリサーチは充分評価できる」とのコメントもあった。私感としては、リサーチトピックを絞り「何を導き出したいから、キルギスと沖縄(日本)の文化や基地を比較しているのか」を明確にする必要があると感じた。「比較」は手段であり「目的」ではない。しかし、彼の発表の「ウルトラセブンと富士山」の写真は「沖縄と日本とアメリカ」の関係を如実に表わすCultural Theoryを反映していた。ウルトラシリーズの脚本家の一人、金城哲夫は自らが沖縄出身であることを東京滞在中は隠し「沖縄と日本の平和の架け橋」として、侵略を受けた人々の悲哀を作品の至る所に織り込んでいたからだ。

 平成26年3月14日、カマロヴは名桜大学でも上記と同様の最終プレゼンテーションをおこなった。名桜大学でのTerm Director(指導教官)を務めた山里勝己教授をはじめ、彼の授業を担当した高嶺司教授、小川寿美子教授、山田均教授などに加え、大学院生や学部生が発表を見守り、質問し、最終コメントをした。各教授からは、今後の課題と「焦点を絞った論文の方向性」も示唆された。最後に、山里研究科長から、「修了書」を授与され、エルキンベック カマロヴのセメスタープログラムは終わった。
 
 


下記は、カマロヴからのお礼とお別れのメッセージ。

要約:名桜大学で、大きな大学では体験できない小さな大学特有の「教師と学生の密接な関係」「学生間同士の助け合い」「地域住民とのふれ合い」を体験できて幸せでした。特に印象に残っているのは、11月の国頭や大宜味村での健康に関するフィールドトリップ、インターナショナルセンターが主催した12月に那覇の日航ホテルで行われた留学生パーティーや2月の沖縄北部日帰り旅行でした。名桜大学や地域の方々の温かい「おもてなし」の心に深く感謝します。心からありがとう。そして、またいつの日かお会いできるのを楽しみにしています。


Thank You and Good Bye

Erkinbek Kamalov

Selected by Payap University in Thailand as a semester term student in the framework of PAHSA (Peace and Human Security in Asia), I came to Meio University in September 2013. I am originally from Kyrgyzstan, which is a tiny post-Soviet Central Asian country with five and half million populations.

It was fabulous six months for me to study at Meio University. Although I previously visited Okinawa for two weeks in 2012 via a short program of PAHSA, my experience from September 25th in 2013 to March 28th in 2014 was more fruitful in learning Okinawa’s culture and history.

The most impressive was “Hospitality” of Okinawans. At Meio University, professors, the International Student Center officers, library stuffs, and students, all of who were quite kind and helped me adjusts in a new environment. I think that in this light, students who study at small universities have more advantage than those in large universities. Like Meio University, the students in small universities can get faculties’ full attention and good academic advices. As well, the access to resources of the library and the sport facilities there are more available than those of large universities.

I took three courses at Meio University, which were related to my dissertation; culture, health, and international relations. In November, in the Okinawans’ health class, I participated in the group field trip to Kunigami and Ogimi villages, where we introduced the anti-aging vital health life to elderly people.

In December 2013, the International Student Center of Meio University took international students to the international party in Naha by school bus, and I met many international students from various countries, who were studying at other universities in Okinawa. In February 2014, the Internal Student Center arranged a day-tour to Motobu, Aquarium, fishers’ villages, and the Nakijin castle, and we learned about the history of the northern part of Okinawa after WWII.

In March, at the end of the semester study in Japan, I made two presentations about military-base issues in Kyrgyzstan and Okinawa. In my presentation, I compared the conflicts between locals and foreign military bases in these two courtiers. My preliminary research had already suggested that there are similarities and differences in the cases between Kyrgyzstan and Okinawa. By a six-month research, I succeeded to demonstrate them.

Finally, let me express my gratitude to Yamazato sensei, Ogawa sensei, Takamine sensei, and Uechi sensei, and Meio University administrative people for their guidance and excellent advices during my six-month stay in Japan. I wish good health and happiness for you and your families!
 

See you in the future!

With best regards,

Erkinbek Kamalov