公立大学法人名桜大学

 

国際学群語学教育専攻3ゼミと一橋大学中島由美先生及び中島ゼミと卒業生による調査・交流

 平成25年11月22日(金)、一橋大学中島由美先生とゼミ生・卒業生10人が名桜大学にいらっしゃいました。本学からは中村浩一郎先生・小嶋洋輔先生・伊藤と各ゼミ生約20人が参加しました。どのような交流であったかは松本和子さんからの稿に詳しいので、そちらを御覧ください。
 最後に、このような好機をくださった中島由美先生と中島ゼミの学生さん、そして沖縄国際大学下地賀代子先生に心よりお礼申しあげます。

伊藤 孝行(国際学群 国際文化教育研究学系 准教授)


 一橋大学の中島由美先生ゼミが10人、名桜大学に来てくださいました。「在沖縄の若者言葉調査」のためです。名桜生側からは約20人の参加がありました。自己紹介の後、はじめにアンケート調査が行われました。特徴的なアンケート調査で、友人や親に連絡を取るときに用いるツールは何か、遅刻したときになんといって言い訳するかなど、こちらとしては即座には何を聞かれているのかと首をかしげる質問が多かったように思います。
 こういった調査に参加することはあまりない体験なので、参加できて良い経験ができました。何よりこの調査で何がわかったのか知りたいと思っています。

小嶋ゼミ 松本 和子                   
(国際学群 語学教育専攻3年、福岡県立門司大翔館高校出身)



 調査・交流会に参加したゼミ一同