公立大学法人名桜大学

 

教育制度論 特別講話“セネガル”を語る

 平成25年11月13日、教職科目の「教育制度論」で、本学出身の和田絵莉子さん(スポーツ健康学科3期生)を招いて、教育講話を実施しました。和田さんは、2011年6月~2013年6月までの2年間、JICAの青年海外協力隊の一員としてアフリカのセネガルに派遣されました。セネガルでの経験や学びについて、ワークショップを行い、また豊富な写真で語って頂きました。セネガルの教育制度は、6・4・3制であり、無償であるが国民の義務とはなっていないこと、初等教育の就学率は73%であるが、卒業率は43%であることなど、日本にはなかなか伝わってこない情報に触れることができました。
 何事にも挑戦すること、異なる文化や習慣を受容することの大切さ、とにかく挨拶することが大切であると後輩の皆さんにメッセージを残して有意義な時間は終了しました。

嘉納英明(教員養成支援センター長)