公立大学法人名桜大学

 

りゅうぎんユイマール助成会から助成金が贈呈

 本学、学習支援ボランティアサークル「ぴゅあサポート」と新垣裕治ゼミナールが、福祉施設や環境保全団体を支援する「りゅうぎんユイマール助成会」から、助成金が贈呈されました。
 ぴゅあサポートは、名護市内外の小中学校において学習支援や部活動支援を展開しており、今年5月には名護市と連携し「名護市学習支援教室ぴゅあ」を開設しました。新垣ゼミでは、名護市屋部川でのカヌー体験イベントやゴミ拾いなどの美化活動を通し、屋部川の観光資源の可能性について検討しています。
 平成25年8月13日(火)、株式会社琉球銀行名護支店にて行われた贈呈式では、琉球銀行の金城棟啓頭取から、「行員の気持ちの詰まったこの基金を、有効に活用いただきたい」と助成金が贈呈されました。
 ぴゅあサポートを代表して、リーダーの与古田健伍さん(スポーツ健康学科4年次、沖縄県立那覇商業高校出身)と松平伊織さん(スポーツ健康学科3年次、大分県立中津南高校出身)が「学習支援活動に対する周りからの温かな声掛けが活動の原動力になっています。真心のこもった支援金を今後の活動に活用したいです」と話しました。また、新垣裕治教授(国際学群観光産業教育研究学系)からは「暮らしやすい地域を目指し、地域発展のためにも今後継続していきたい」と感謝の意と共に今後の決意が述べられました。


贈呈式参加者一同