公立大学法人名桜大学

 

平成25年度「名桜大学奨学金」贈呈式を挙行

 平成25年7月25日(木)、名桜大学奨学金贈呈式が本学本部棟第一会議室において 執り行われました。本奨学金は、本学独自の奨学金で、学業や人物、スポーツ等において、優秀な者に対し、勉学や体育活動を奨励することを目的としており、今回19人の学生に対して給付することとなりました。
式では、瀬名波榮喜学長から一人一人に奨学生証が手渡され、「これからも勉学に励み、生活・学業態度など他の学生のモデルになってほしい」と激励しました。続いて奨学生を代表し、土屋芽衣さん(人間健康学部看護学科2年次、静岡県立沼津東高校出身)が、奨学生に選ばれたことに感謝の意を表したあと、「これからの学生生活において、自らの目標を手に握る時まで、学業に励むことは当然のことですが、人間力を磨き素晴らしい『人財』に成長することも学生としての義務であると強く認識し、邁進したいと思います」と、抱負を語りました。


  
 奨学生を代表し挨拶する土屋さん                                         奨学生一同と共に瀬名波学長(中央右)と山里勝己副学長(中央左)