公立大学法人名桜大学

 

国際交流協定大学4校に8人の学生を派遣します


国際交流協定大学4校に8人の学生を派遣

出発を前に抱負を語る


本学と国際交流協定を結ぶ、ハワイ大学ヒロ校(アメリカ)、セントラル・ランカシャー大学(イギリス)、北京聨合大学旅遊学院(中国)、湖南農業大学(中国)に、平成24年度後期派遣留学生として8人が選考されました。 平成24年7月26日(木)、留学する学生たちが出発を前に瀬名波学長を訪れ、一人ずつ抱負を語りました。 
ハワイ大学ヒロ校に留学する山岸果林さん(国際学群2年次、札幌日本大学高校出身)は「本学からハワイ大学へ派遣されることは初めてとのことで、名桜大学の代表という自覚を持って、留学生活を過ごしたい」、そしてセントラル・ランカシャー大学に留学する知念理加さん(国際学群語学教育専攻3年次、那覇西高校出身)は「これまでの英語の学びを更に深め、将来国際社会で活躍するためには何が必要になるかということを見極めたい」と意気込みました。瀬名波学長は「留学先では学ぶだけでなく、日本や沖縄の文化を発信する役割も務めてほしい」と激励しました。 
留学する8人の留学期間は、平成24年9月から翌年8月まで。

 



瀬名波学長を訪問した派遣留学生一同と全学交流委員会の先生方及び学生課国際交流係の職員