公立大学法人名桜大学

 

官学連携による「やんばる観光ガイドブック」が発刊されました

 

やんばる観光ガイドブックが発刊されました

 

 2012年3月に北部広域市町村圏事務組合から「やんばる観光ガイドブック」が発刊されました。国内外における観光地間競争が進む中、北部12市町村の連携により観光資源を相互に結びつけ、個々の資源の魅力を相乗させ訴求力を高めていく必要があります。2010年度から2011年度にかけて、各市町村における地域資源の再発掘、旅行者ニーズの把握、地域内周遊型の観光コースの考案をするため、北部地域12市町村の観光分野担当者および本学観光産業専攻(大谷)、NPO法人HICO(北部地域ITまちづくり協働機構)によるガイドブック編集委員会が設置されました。北部12市町村を網羅した公的な観光ガイドブックを制作し、周遊型の観光による圏域全体の効果を高め、地域振興につなげることが目的です。「やんばる観光ガイドブック」は観光施設やホテルなど県内外への配布をはじめ、公的なプロモーション活動の場においても配布されています。

 また、北部地域の観光における「官学」連携事業の一環として、「地元である名桜大学生による観光資源紹介」のページが盛り込まれました。これは、民間の観光ガイドブックとは性質を異にするため、地域住民である地元の大学生という観点から観光資源の魅力を伝えることの意義、そして教育効果が期待されるものです。そこで、観光産業専攻専門演習Ⅰ・Ⅲ(大谷ゼミ)において観光振興に関するフィールドワークを実施し、資源の魅力と情報発信のあり方について調査を行いました。ガイドブックに掲載する紹介文や構成を考えるため、学生が地元である北部地域の資源や観光施設などの調査を通して魅力要素を分析し、観光振興プロジェクトの実際を理解することが目的でした。今後は、効果の検証をはじめ、理論、表現、構成などの精度も高めていく必要があります。


今後、北部広域市町村圏事務組合をはじめ、地域における団体や組織、産業、大学による産官学連携観光振興のひとつの契機となることに期待し、名桜大学生による観光資源紹介ページ掲載に関わった方々に感謝とお礼を申し上げます。



製作協力者:大谷 健太郎(国際学群 観光産業教育学系 准教授)