公立大学法人名桜大学

 

教育・研究活動レポート:北部地域内の高校生をインターンシップ生として受け入れ


北部地域内の高校生をインターンシップ生として受け入れ

 平成23年10月31日(月)から11月17日(木)の間、北部地域内の高等学校(3校)から7人の高校生が、インターンシップのために本学を訪れ、総務課、学生課、図書課で、事務作業の仕事を体験した。
名護高等学校1年生の浦崎未唯さんには、総務課にてタイムカードの作成や、データ入力作業に取り組んでいただいた。浦崎さんは「細かい作業が多く、集中力が必要だと感じました。両親が毎日会社でこんな風に頑張っているのかと思うと、感謝の気持ちでいっぱいです。将来、社会に出たらこのインターンシップでの経験を生かしたいです」と感想を述べた。また、浦崎さんは看護職に興味を持っており、本学の看護学科を含め、構内施設を見学することができ進路の参考になったと話した。

インターンシップ生の内訳は以下の通り
10月31日(月)~11月2日(水)本部高等学校3人
11月9日(水)~11月11日(金)名護高等学校2人
11月15日(火)~11月17日(木)北山高等学校2人

 

タイムカードを作成する浦崎さん