公立大学法人名桜大学

 

教育・研究活動レポート:平成23年度 第1回FD研究会報告(2011/6/29)

平成22年度 大学院修士論文概要(中間)発表会 及び研究生論文発表会を開催

山本講師によるプレゼンテーションの様子熱心に
傾聴する参加教員

 平成23年6月29日(水)に、FD関連学外研修報告を主たる内容とする研修会が開催され、人間健康学部スポーツ健康学科講師の山本から「学生とともに進めるFD」、国際学群観光産業教育学系准教授の大谷健太郎先生から「授業評価の現在(いま)〜授業アンケートの実情と課題〜」について、(財)大学コンソーシアム京都主催のFDフォーラムで得られた情報に関するプレゼンテーションが行われました。

 「学生とともに進めるFD」では、この数年間に多くの大学に浸透しつつあるFDの新しい形態についての報告が行われました。本学においても、学生を主体の一部としたアプローチを取り入れて大学教育の質の向上を図ることを検討しても良いのではないかという問題提起がされました。
大谷先生のプレゼンテーションでは、他大学での授業評価についての情報提供がなされ、更に山本から、名桜大学平成23年度前学期の「学生による授業評価アンケート」実施要項について従来の方法との相違点について説明がなされました。現在名桜大学が直面している授業評価アンケートの回答率の低さや、アンケート結果の有効活用についての課題について、研修会参加者と問題意識の共有が図られ、活発なディスカッションが行われました。


総評:FD委員長
山本 健司(人間健康学部 スポーツ健康学科 講師)