公立大学法人名桜大学

 

平成29年度後期数理学習センタープロジェクト発表会を開催

 平成30年2月2日(金)学生会館SAKURAUM3階大講義室Bにて、平成29年度後期数理学習センタープロジェクト発表会を開催、41人の参加があり、今期の活動報告を行いました。今回は、数理学習センター(MSLC)活動の3つの柱である「連携授業における学習支援」「MSLC運営」「チューター育成」についてそれぞれの成果と課題について報告を行いました。特に今学期は、チューター育成評価シートの改善を行ったことや連携授業に ICTを取り入れた課題を課し、チューター育成プログラムにもICT活用の研修を取り入れたことについて詳しく報告を行いました。また、利用者統計班は過去5年間の利用状況について分析し、成果と課題を報告しました。
 聴講者からは「統計の取り方がとても細かく、原因を分析しているところがすばらしい」、「看護学科の学生にも利用するように勧めたい」などの感想をいただきました。今回の反省を踏まえて次年度の活動に生かしたいと思います。お忙しい中ご参加いただいた皆さまに心から感謝申しあげます。ありがとうございました。
 
報告:本村 くるみ(診療情報管理専攻3年次、鹿児島県立川辺高校出身)
 
MSLC関係者と参加者一同 発表会の様子