公立大学法人名桜大学 情報探索の手引き

名桜大学附属図書館TOP

【付録】

データベース検索の基本


キーワードの種類

私たちがデータベースを検索する際に使う“キーワード”は、大きく2種類に分けられます。
 

 

単一のキーワードでの検索(部分一致検索・完全一致検索)

部分一致

部分一致検索は、キーワードの一部を入力して検索する方法で、下記の3パターンあります。

     
  • ①前方一致(特定の文字列で始まる語句を全て検索)
  • ②後方一致(語尾が特定の文字列の語句を全て検索)  
  • ③中間一致(特定の文字列がどこかに含まれている語句を全て検索)

例)キーワード“英語”を指定してタイトルを検索した場合
  →『英語のスピーキング』、『実務英語』、『実用英語辞典』等を演出。

完全一致

完全一致検索は、キーワードに完全に一致するものだけを検索します。
 

例)“環境”でタイトルを検索した場合
  →『環境*』『*環境』『*環境*』の形をとるタイトルは除き、『環境』のタイトルのみを抽出。

※部分一致・完全一致検索を行なう際、データベースによっては、「*」「?」「/」などの記号(トランケーション記号)をキーワードと組み合わせて使うことがあります。



複数のキーワードを組み合わせての検索(論理演算)

「AND」や「OR」、「NOT」といった論理演算子を用い、2つ以上のキーワードを組み合わせて検索する方法です。複数のキーワードを含んだ情報を抽出できます。

AND検索 (X AND Y)

指定した全てのキーワードを含むものを、すべて取り出す。複数のキーワードを単純に組み合わせたり、特定のキーワードを絞り込んだりするときに使う。


例)“沖縄”AND“移民”AND“ブラジル”でタイトル検索
  →『ブラジル沖縄移民誌』等

OR検索 (X OR Y)

指定したキーワードのいずれかを含むものを、全て取り出す。類義語や同義語を用いて幅広く検索する場合などに使う。


例)“英会話”OR“英語会話”でタイトル検索
  →『英語会話表現辞典』、『アタマ出しで通じる英会話』等

NOT検索 (NOT X)

特定のキーワードを除きたい場合などに使う。
※必ずほかのキーワード・検索条件と組み合わせて使うこと。


例)“環境”NOT“自然”で検索
  →「環境」を含み「自然」を含まないものを取り出す。



データベースの利用に関するTips
 

どの検索項目を使ったらよいか
データベースでは「タイトル」「著者名」など、様々な項目を指定して検索できるようになっています。これらを「検索項目」と呼びます。


 

● タイトルがはっきりと分かっている資料を探したい
→「タイトル」項目で検索

タイトルの一部だけを入力しても検索できます

例:“税金”と入力→タイトルに“税金”がつく資料をすべて検索
   “税金”“しくみ”と2つ以上の単語を入力→両方の単語がつく資料を検索(→「複数のキーワードを組み合わせての検索」参照)



● 特定の著者の資料を探したい
→「著者名」項目で検索
個人の著者名だけでなく、団体の著者名(例:日本放送出版協会)、複数の著者で書かれた資料の個々の著者、編者や翻訳者からも探せます。

外国人名の検索

外国人名でも、姓、名の順に入力して検索しなければならない場合があります。

著者名の原綴りでしか検索できないデータベースもあります。原綴りが分からない場合は、人名事典などで調べられます。


 

● 特定のテーマの資料を探したい
→「件名」項目で検索


「タイトル」項目と「件名」項目の検索を比較 (例:ゴルフに関する本を探したい)

「タイトル」項目に“ゴルフ”と入れて検索 「件名」項目に“ゴルフ”と入れて検索
タイトルに“ゴルフ”と入っている資料を検索
例:『沖縄発ゴルフ世界流』、『勝つゴルフの法則』など
 
タイトルに“ゴルフ”と入っていないと、内容がゴルフに関するものであっても検索できない
 例:『イップスの科学』、『SWINGの核心』など
 
タイトルに“ゴルフ”と入っていないものも含めて、ゴルフに関する内容の資料を全て検索できる
 例:『沖縄発ゴルフ世界流』、『勝つゴルフの法則』、『イップスの科学』、『SWINGの核心』など
 

 

ヘルプ機能を活用しよう
 データベースによって検索に使える機能や記号、ルールが異なります。それぞれのデータベースの「ヘルプ」メニューなどを必ず参照して、正しい検索のやり方を確認しましょう。正しい検索ができていないばかりに、思うような結果が得られていないことがあります。
  また、件名がセットされているデータベースの場合、件名検索のやり方についても「ヘルプ」で説明されていますので、是非参照してみてください。


ログアウトを忘れずに
 当館で利用契約しているデータベースを使う際、ログアウト用のボタンが表示されるものは、使い終わったら必ずそのボタンを使ってログアウトしてください。
 ログアウトせずに「×」でブラウザを閉じるなどすると、アクセスを継続しているとみなされ、同時アクセス人数の制限によって他の利用者がそのデータベースを使えなくなることがあります。
 ご注意ください。



次のステージ : リンクリゾルバ