公立大学法人名桜大学

沖縄の公立大学 名桜大学

やんばるの豊かな自然の中で
国際的教養人を育成します!

Caption 1
Caption 2
Caption 3
Caption 4
 
名桜大学は、沖縄県名護市にある公立大学です。「平和・自由・進歩」の基本理念のもと「国際社会で活躍できる人材育成」を大学の使命・目的としています。「山原(やんばる)」と呼ばれる沖縄の豊かな森や美しい海など、自然に恵まれた教育環境です。
人文科学・社会科学・自然科学を幅広く学び、深い知識と思考力を持った国際的教養人を育てる「リベラルアーツ教育」を推進しています。
 
ニュース
 
  1. 最新情報
  2. 入試情報
  3. ニュース
  4. 採用情報
  5. サイト内更新
 
イベント
 

学長室から----行く先々を和やけむ

講座タイトル ハブ(蛇)対策講座

日 時 平成24年4月9日(木) 18:10〜19:40

場 所 名桜大学総合研究所

講 師 香村 昴男(ハブ対策コンサルタント)

司会進行 新垣 裕治(名桜大学 国際学群 観光産業教育学系 教授) 

 講演では、ハブと無毒蛇の見分け方や、沖縄県でのハブの咬傷件数/年、ハブに咬まれた時の対策について説明された。それから、琉球列島の島毎に存在するハブや、コンバットダンス、蛇類の交尾、雄性生殖器のスライド写真が紹介された。また、香村先生の業績であるハブの飼育では、孵化から成体まで飼育できたことが、ハブの寿命(記録では21年)の解明に大きく貢献したことが語られた。
ハブは琉球列島の固有種であり、自然生態系を構成する生き物であることから、むやみに殺さないようにと環境保護の観点から極めて重要な指摘があった。